嘔吐下痢症 大人 症状

大人が嘔吐下痢症の症状になったらできること

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症という大変な症状】
嘔吐下痢症と聞くと、あまり馴染みの無い言葉ではありますが、大の大人でも苦しむことになる感染性胃腸炎です。
原因としてはノロウィルスのような感染から引き起こされることが多いようですが、一度かかると人から人へ感染し、嘔吐だけに留まらず微熱や下痢または腹痛なども襲って来る厄介な症状となっております。

 

 

【引き起こされたら治療できるの?】
この嘔吐下痢症における感染症にはその名のとおり嘔吐が頻繁に引き起こされます。
またそれと同時に下痢や腹痛なども起きますので、脱水症状には注意が必要になってきます。
そして実は病院での治療法というものは無く、できるだけ自宅で治るのを待たなければいけなくなります。
そういったこともあり大人にとってとても迷惑な感染症でもあるわけです。

 

 

スポンサーリンク

 

【大人が嘔吐下痢症になったらできること】
嘔吐下痢症という症状には抗ウィルス薬がありません。
ですから自宅療養となりますが、ただ苦しいのを我慢するのも辛いだけです。
そこでできることは脱水症状になりやすいだけに、まずは水分補給を常に行うこと、下痢などの場合にはリンゴなどを摩り下ろすことや、お粥などとにかくお腹に負担のかからない食べ方を工夫することも大切になってきます。
また大人の場合には会社などが関係してきますので、まずは休息を取れるようにして、それから感染を防ぐため消毒液を常備して使うようにしましょう。

 

 

【大人が嘔吐下痢症で休む期間】
もし嘔吐下痢症になったとき、どのくらい休むべきか大人ならそのことが気になってしまうかもしれません。
ただ言えることは症状が出ている期間だけ休めば良いということではありません。
症状が治まりそこから一ヶ月くらいは様子を見ないと感染する可能性もあり、そのため大人としてできることは会社の規則などを確認して長期間休めるかどうか事前に知っておくのも大切です。
なるべくかからないようにすることは大切ですが、万が一かかってしまった場合にはこれらを踏まえ対処しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク