嘔吐 下痢 熱なし 大人

嘔吐下痢症で熱なしの大人について

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症で発熱する時】
季節に流行する感染症の場合、嘔吐と下痢があることは、よく知られています。
そのため、発熱もあると思うことがありますね。
その発熱をするのは、小さい子供さんの場合が多いです。
それは、小さいこどもの場合は、脱水になることがあるからです。
脱水になると、大人でも発熱をすることがあります。
吐くことがあるので、水分を取ることができないなど、困ってしまいますね。
その結果、脱水になることがあります。
また子供の場合は、抵抗力が弱いので、その結果、発熱をすることがあります。
その点、大人の場合は熱なしと言うことが多くなります。

 

 

【嘔吐下痢症の熱がない場合】
その症状があって、熱なしということは、よくあることです。
ロタウィルスの場合は、熱なしと言うことが多くなります。
その他の感染症であると、熱がある場合もあります。
また、その人の抵抗力が弱っている時には、発熱をします。
体力がある人には、熱なしということも多いです。
しかし、熱なしということであっても、嘔吐下痢症であると要注意です。

 

スポンサーリンク

 

【大人の熱なしの嘔吐下痢症の対処】
大人で嘔吐下痢の症状がある時には、まずその症状が安定するまでは、仕事をすることは禁止です。
大人で仕事が忙しく、どうしてもしなくてはいけないと思うこともありますね。
しかし、仕事をすることで、熱なしといっても、体力を奪われてしまいます。
その結果、熱なしであっても、熱が出てしまうこともあります。
そのことから、一番いいのは熱なしであっても、ちゃんと安静にすることですね。

 

 

【大人の嘔吐下痢の注意点】
大人で熱がないの場合、まさかその感染症ではないと思う事もあります。
それは、熱がないので、そんなにダメージを受けない事もあるからです。
しかし、大人の症状は様々です。
そのことを意識して、大人で吐いたり下痢の症状がある場合は、その感染症を疑うようにしましょう。
そして、感染を広げることがないように注意をします。

 

 

スポンサーリンク