嘔吐下痢症 登園許可 症状

嘔吐下痢症と登園許可の症状との関係

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症になると困る下痢について】
嘔吐下痢症になると、嘔吐をするという、とても困る症状が起きることがあります。
それは、幼稚園などに言っているこどもの場合は特に困ってしまいます。
その一つに、子供が嘔吐をすることによって、感染をする危険性があるからです。
その嘔吐物を、どこにしているのかわからないことがありますね。
また子供の場合は、大人と違ってどこでも触っている可能性があります。
そのため、触ることによって感染が広がってしまうのです。
それは大人と違うところなのです。
そのことから、嘔吐があると登園許可をされないことが多いです。
特に嘔吐下痢症が流行っている場合は、なおさら登園許可がおりることは難しくなります。

 

 

【我慢できないという場合も…】
嘔吐下痢症の下痢は、我慢をすることができない場合があります。
特に小さい子供さんの場合は、我慢をすることができずに、パンツにそのまま漏らすこともありますね。
その為、その下痢をするという症状があると、登園許可がされることはありません。
下痢症状がきちんと回復してからでないと、登園許可は難しいです。

 

スポンサーリンク

 

【嘔吐下痢症の発熱について】
子供の場合は脱水になることが多く、その結果発熱をすることがあります。
発熱の症状がある間は、通常の状態よりも体力ががっくりと落ちています。
そのため、ほかの病気にも掛かりやすくなってしまいます。
そのことから、登園許可がおりることは基本的にありません。

 

 

【嘔吐下痢症は体力を奪われる】
嘔吐下痢症の時、下痢や嘔吐を繰り返すので、その体力をとても奪われてしまいます。
その結果、その症状がある時には、登園許可が出されることは難しくなります。
元気がない、やる気がないなどの子供の症状は、とても危険です。
もしも登園許可があり、登園をさせたとすると、子供がとても辛い思いをすることになります。
元気がないと言う症状がある場合は、無理に登園をさせることはやめましょう。

 

 

スポンサーリンク