嘔吐下痢症 いつから 保育園

嘔吐下痢症がいつから保育園に行けるのか

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症と子供】
嘔吐下痢症は、いろいろなウィルスによる感染症です。
そして嘔吐と下痢を主症状とする、とても辛い病気です。
その病気は、子供がかかりやすくなっています。
大人もかかる感染症ですが、子供の場合が特に感染に対する抵抗力が少ないので、かかりやすいのです。
そのため、保育園などはその感染症が広がってしまうと、大変なことになります。

 

 

【嘔吐下痢症と保育園】
保育園では、嘔吐下痢症等の感染症に対して、十分な感染対策が行われています。
もしも感染した子供がいたら、その子供を守ることができるように、またほかの子供さんに感染しないように注意がされています。
それは特に、集団行動をしている保育園で起きることが多くなります。
嘔吐をしている子供がいたら、いつからそのようになっているのか、まず嘔吐下痢症を疑います。
特にその感染症が流行っている時には十分な注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

【嘔吐下痢症はいつから保育園に行けるのか】
嘔吐下痢症の場合は、感染のウィルスの種類によって、その対応が違うことがあります。
一般的な嘔吐下痢と言うと、ロタウィルスになります。
ロタウィルスの場合は、下痢や嘔吐がおさまって、体調が回復したら保育園にいくことができます。
しかし、元気がないという場合は、いつからと言わずに保育園にいくことは心配ですね。
そんな時には、自宅で見ることができると一番いいですね。

 

 

【嘔吐下痢症はいつから元気になるのか】
保育園児を見ていると、同じ病気をしても、回復の早い子供と遅い子供がいることがわかります。
その症状が亡くなったとしても、体力を回復させるのは、個人差があります。
そのため、いつから元気になるのか、お母さんがじっくりと判断して上げることが大事です。
もしも食欲がないという場合は、いつから元気になるのか母親等が判断をして上げるようにしましょう。
いつもと違うと思う時には、いつから元気になるのか、じっくりと構えて対処する方がいいですね。
もしも焦って対処すると、後でまた保育園で別の感染症になる危険性もあります。

 

 

スポンサーリンク