子供 腹痛 熱なし

子供が腹痛を感じた時に熱なしといった症状について

スポンサーリンク

子供は大人のように上手く自分の症状を説明出来ない傾向があり、そのため腹痛を感じると何気なく言ってしまうことがあります。
しかしそういった場合に症状を良く見極める必要があり、中には熱なしとったケースもあります。
ですがそういった場合においても別の病気であるケースがあり、虫垂炎という症状が発症していることがあります。
虫垂炎とはお腹の痛みが少しずつ増してくる病気となっており、通常の腹痛と共通している要素が多くなっています。
そして段々と元気や疲労を感じやすくなってしまい、血便が出るといった症状にまで発展することがあります。
こういった場合には立派な病気を発症しているため、早急に小児科などを受診して治療を受けることが大切です。
また子供の場合には強い痛みを感じることによって、急に泣きだしてしまうこともあります。
こういった反応も見極める秘訣となっているので、何気ない行動が病気の発症を周りの人に伝えていることもあります。

スポンサーリンク

 子供が熱なしの状態の時に腹痛を訴えるケースは多々ありますが、そこですべて病気であると勘ぐってしまうことが多い傾向があります。
しかしそれは病気が原因ではなく、一時的な症状で発症しているケースも多くなっています。
例えば子供は大人に比べて自分の好きな食べ物については、必要以上に食べてしまう傾向があります。
それによって一時的に食当たりを発症してしまうことがあり、それを腹痛と勘違いをして症状を訴えることがあります。
こういった場合においては数時間もすれば完治することが多いため、横に安静になるといった対応で解決出来ます。
またお腹や腸の中に食べた物が残っていることもあるため、後に老廃物として排便をすることで症状が治まるケースもあります。
食べすぎが原因で腹痛を感じてしまうケースは良くあるので、夕食時などに食事を食べすぎていないか確認をすると良いです。
このように病気ではなく一時的な痛みを発生させることもあるので、子供が痛みを感じても冷静に対応する判断力も必要となります。

スポンサーリンク