胃腸炎 嘔吐なし 下痢 原因

嘔吐なし、下痢ありの胃腸炎の原因は?

スポンサーリンク

【腹痛や下痢の原因】
腹痛や下痢の原因は胃腸炎であるケースが考えられます。
胃腸炎とは文字通り胃と腸が炎症を起こすことです。
胃腸炎は主として感染する事で発生します。
具体的に何によって感染するかというと細菌、ウイルス、寄生虫、悪影響を含んだ化学物質です。
胃腸炎が感染する原因は接触感染と経口感染ですので、先程述べた様な病原体に触れた手が口に触れる事によって感染する事が考えられます。
他にも病原体に汚染された食物を摂取する事によって感染するという事も考えられます。

 

 

【症状は嘔吐なしの場合もある】
胃腸炎に感染すると四六時中激しい痛みに襲われる事になります。
更に多くの方がイメージされる様に下痢や嘔吐が発生する事も考えられますが、場合によっては嘔吐なしの場合もあります。
しかし、嘔吐なしとはいえ、胃腸炎に感染すると基本的に学生であれば学校に行けないでしょうし、働いている人であれば仕事には行けないレベルであると考えて頂くと症状の深刻さがイメージしやすいかと思います。

 

スポンサーリンク

 

【嘔吐なし、下痢の腹痛はストレスによる原因も】
腹痛の原因としての代表例として胃腸炎を取り上げましたが、嘔吐なしで下痢といった症状を伴う腹痛の原因にはストレスもあります。
若い女性に多く見られるのですが、たとえばお腹を壊して下痢になった時に、授業中に大便のためにトイレに行くのが恥ずかしくて我慢していると、オナラが止まらなくなることがあるでしょう。
しかし、そのオナラを出さないように必死に我慢していると、不意にお腹から周囲に響き渡るような大きな音が鳴ることがあります。
こうした痛烈な恥ずかしい思いをすることによって、静かな場所で絶対にお腹を壊してはいけないと思うようになり、ストレスを感じ出しる事で逆にお腹を壊し、常に腹痛に苛まれる事になってしまうのです。

 

 

【嘔吐なし、下痢の症状がある腹痛について】
以上の事から、嘔吐なしで下痢の症状がある腹痛は、細菌やウイルス等の病原体が原因となった単なる一過性のものに過ぎない場合もありますが、ストレスから来る腹痛はストレスを緩和しない限り治す事は出来ません。
そのため、カウンセリングをしてもらうなど、誰かに悩みを聞いてもらう事が重要だと思います。

 

 

スポンサーリンク