胃腸炎 熱なし 嘔吐なし 対処方法

胃腸炎の熱なしや嘔吐なしの場合の対処方法

スポンサーリンク

【胃腸炎の種類】
胃腸炎と言うと、代表的なものに感染性胃腸炎があります。
それは、ウィルスや細菌によってかかってしまう病気です。
その感染症になると、嘔吐や下痢、発熱などの症状が見られることがあります。
また感染力が強いので、対処方法として仕事や学校などを休む必要があることもあります。
そしてそのほかとして、胃腸の具合が悪くなる疾患があります。
潰瘍ができてしまったり、膠原病などで起こすことがあります。
また、ストレスによっても起こすことがありますね。
勉強や仕事をしている時に、胃腸の具合が悪い時等、胃腸炎を起こしている可能性があり対処方法を考えることが必要です。

 

 

【胃腸炎で熱なしの場合】
胃腸炎は、感染症である場合は熱がでることがあります。
しかし、嘔吐下痢などを起こす感染症であっても熱なしということも多いです。
それが長く続くと、脱水等によって熱が出てしまうこともあります。
子供の場合は熱が出てしまうと思いがちですが、熱なしということもあります。
体の抵抗力の強い人の場合は、感染症にかかってしても熱なしということもあるので、対処方法を考えないことがありますね。
また、疾患の場合も、嘔吐だけある、下痢だけあるというものもあります。
その疾患の場合も、熱なしと言うことが多いです。

 

スポンサーリンク

 

【胃腸炎で嘔吐なしという場合】
ノロウィルス等に感染をする胃腸炎の場合は、代表的な症状として、嘔吐があります。
嘔吐と下痢を繰り返すということが多いですね。
ところが、嘔吐下痢症と言われているものでも、嘔吐なしということがあります。
そして、疾患の場合は嘔吐なしということが多いですね。

 

 

【胃腸炎で嘔吐なしや熱なしの時の対処方法】
嘔吐なし、熱なしと思っていても、その症状が悪化してしまうと、それらが見られることがあり対処方法を考えることが大事です。
熱が出たり、嘔吐があると体力を奪われてしまいます。
そのため、嘔吐なし、熱なしであっても、対処方法として体力を温存することができるように、安静にすることが大事です。
特に、ストレスによってなっている場合は、熱なし、嘔吐なしのことが多いです。
その場合は対処方法として、ストレスを解消することが大事です。

 

 

スポンサーリンク