胃腸炎 熱 関節痛 対処方法

発熱や関節痛は胃腸炎の可能性も!対処方法で早めに治しましょう

スポンサーリンク

【胃腸炎はどんな症状が起きるの?】
胃腸炎とはそれほど珍しくも無い病気ではありますが、かかりやすい季節としては寒くなりだす頃からとされています。
ただし感染するのは一年を通してですから、その中で寒い季節が最もなりやすいということになります。
症状は基本的に胃痛や嘔吐または吐き気や下痢といったことが挙げられ、発熱や関節痛や頭痛なども症状として出ることがあります。

 

 

【胃腸炎の熱や関節痛といった症状で風邪かなと間違えることも】
胃腸炎は風邪と勘違いしやすいこともあり、理由はやはり発熱や関節痛という症状がそう思わせてしまうところがあります。
なので注意が必要ですが、大人の場合、軽い胃痛のようなことや下痢といった便秘のようなことが多々ありますが、子供ならば下痢や嘔吐が多いようです。
発熱が起きると関節痛を伴ってしまいますが、早めの判断をしなければいけません。
また風邪よりも大変なインフルエンザにかかっていることも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

【市販の風邪薬を対処方法にできるの?】
胃腸炎というのは症状の度合いによっては市販薬を対処方法として使用することも特に問題はありません。
しかしながら必ずしもその対処方法が効果を見せるということにはなりません。
市販薬というのは病院などで処方された薬よりも、遥かにその効果は少なくなっています。
症状が起き始める頃なら対処方法として治せるかもしれないというくらいの認識です。
そのため、もし早急に治したい場合、或いは症状が酷くなっている場合などには病院での薬の処方による対処方法をおすすめします。

 

 

【発熱や関節痛の胃腸炎の対処方法】
発熱や関節痛の症状を風邪と間違えてしまうこともある胃腸炎の対処方法は、体内のウィルスを退治するのにサイトカインという細胞が過剰に分泌され臓器不全になり、このときPGE2という発熱や関節痛を起こす物質が生まれます。
ですから痛い部分を温めること、生姜を飲むこと、軽い運動を行うこと、お風呂にしっかり浸かり温まることなどをして血液の循環を改善すると早く治すことができるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク