微熱 下痢 嘔吐なし 原因

嘔吐なしで微熱と下痢の症状が出る原因は?

スポンサーリンク

【腹痛の種類】
腹痛は、内臓痛、体性痛、関連痛の三種類があり、まず内臓痛が起こり、体性痛や関連痛になります。
内臓痛は胃、腸、尿管、胆嚢などのが無理やり伸びたり、縮んだ時の痛みです。
きりきりとした痛みが一定の間隔で起こるのが特徴です。
内臓痛は吐き気や嘔吐、顔面蒼白、冷や汗などの症状を伴い、痛みの場所はよくわかりません。
体性痛は内臓痛より強い痛みが長く続くのが特徴です。
痛む場所ははっきりしていて、炎症を起こしている場所を押すと強く痛みます。
体を動かすことで痛みが増します。
体性痛は自然に治らず、手術が必要になることが多いです。
関連痛は炎症を起こしている部分の刺激が強い時に、隣接する神経線維を刺激し別の部位に起こる痛みです。

 

 

【腹痛の原因】
腹痛は、ノロウイルスなどのウィルスが原因で微熱や腹痛といった症状が現れる物や、ストレス、食事の不摂生、アルコールの飲み過ぎ、体調不良が原因で微熱を伴う腹痛が生じます。
また、初期の胃腸炎は、微熱、下痢を伴いますが、嘔吐なしです。
進行すると激しい胃の痛みとおう吐、微熱、下痢などを伴います。
その他、急性虫垂炎、急性胆のう炎、尿管結石、腸閉塞が急性の腹痛の原因です。

 

 

慢性の腹痛は、上腹部の腹痛の原因は、胃、肝臓、胆のう、総胆管、膵臓などの病気があります。
一方ヘソから下腹部の腹痛の原因は、臓器は小腸と大腸の病気があります。
下腹部の腹痛の原因はは女性は子宮や卵巣があるので、女性の下腹部痛の腹痛の原因は、卵巣と子宮の病気があります。
背部の腹痛の原因は、は、腎臓、膵臓、腹部大動脈、腰椎の病気があります。
腹痛が激しくく微熱が続く時は虫垂炎があります。
嘔吐なしの腹痛は、十二指腸潰瘍や急性胃炎があります。
また、下痢と発熱はあるが、嘔吐なしの時は、胃腸風邪があります。

 

スポンサーリンク

 

【腹痛の応急処置】
腹痛と下痢だけで嘔吐なしの場合は、家で様子を見ます。
下痢をしているときは水分補給が大切です。
加えて微熱を伴い、嘔吐なしの腹痛が、食べ過ぎや飲み過ぎ、食当たりの時には、下痢止めや整腸剤を服用します。

 

嘔吐なしの下痢のときは腸の動きが活性化しているため、おなかを温めて腸を安静にしましょう。
こまめな水分補給を心がけましょう。
また、熱が出ていたり、嘔吐が止まらない、腹痛が激しいという場合に考えられるものは、ウイルス性の感染症や、食中毒といったものが挙げられます。
そのときの対処法は、細菌やウイルスを体外に追い出すように促すことです。
排便は、この際に追い出す手段の一つのため、下痢止めを飲んでいる場合は、控えるようにしてください。
嘔吐なしでも微熱などの症状が重い時には、病院へ行くようにしましょう。

 

 

【腹痛の病因での対処法】
セロトニン5HT3受容体拮抗薬、抗不安薬、高分子重合体」「消化管運動調節薬」「抗コリン薬」「乳酸菌製剤」などが使用されます。

 

 

スポンサーリンク